logo

シャープ「8K+5Gエコシステム」のBtoB戦略を加速--東京ビルに「8K Labクリエイティブスタジオ」

加納恵 (編集部)2019年06月19日 18時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープが、「8K+5Gエコシステム」のBtoB戦略を加速する。6月19日、東京ビルに8Kカメラや8K映像の編集機材をそろえた「8K Labクリエイティブスタジオ」をオープン。法人向け8Kソリューション開発の起点に据える。

「8K Labクリエイティブスタジオ」
「8K Labクリエイティブスタジオ」
「8Kカメラの撮影エリア」。8Kカムコーダー「8C-B60A」(シャープ)、クロスコンバータ「SC8219」(アストロデザイン)、エンコーダの開発機(ソシオネクスト)、デコーダー開発機(シャープ)、8Kディスプレイ「LC-70X500」(シャープ)
「8Kカメラの撮影エリア」。8Kカムコーダー「8C-B60A」(シャープ)、クロスコンバータ「SC8219」(アストロデザイン)、エンコーダの開発機(ソシオネクスト)、デコーダー開発機(シャープ)、8Kディスプレイ「LC-70X500」(シャープ)

 8K Labクリエイティブスタジオは、8Kの映像制作を簡単に体験できる「8Kカメラの撮影エリア」や、8K映像データを公衆インターネット回線経由で伝送させる「8K映像のIP伝送エリア」、8K映像の簡易編集を可能にする「8K映像の編集エリア」を常設。8Kビジネスを検討している企業が実際に訪れ、見て、触って、体験してもらうことで、8Kへの理解を深め、商談の場として活用する。

 運営するのは、シャープの8K技術開発、8Kビジネスの関連組織からなる組織横断型プロジェクトチーム。研究開発だけでなく、営業担当者などさまざまスタッフが集まっているという。

AIを使ったアップコンバート技術。左から8K、4K、AIを使った8Kの映像
AIを使ったアップコンバート技術。左から8K、4K、AIを使った8Kの映像
「8K映像の編集エリア」。編集PC、編集ユニット「Davinci Resolve 16」(ブラックマジック)、編集用モニタ「PN-K321」(シャープ)、プレビュー用8Kモニタ「8T-C60AW1」(シャープ)
「8K映像の編集エリア」。編集PC、編集ユニット「Davinci Resolve 16」(ブラックマジック)、編集用モニタ「PN-K321」(シャープ)、プレビュー用8Kモニタ「8T-C60AW1」(シャープ)

 来訪者は、プロジェクトチームのメンバーが展示会やイベントなどで出会った企業担当者などに声をかけていくとのこと。完全予約制になっており、問い合わせにも対応する。放送現場のほか、「インフラ保守」「セキュリティサービス」「スマート会議」「ゲーム・エンターテイメント」「遠隔医療・手術支援」「運転サポート」「教育支援」「スマートホーム」の分野をターゲットにしている。

 事業分野を広く捉えている分、ニーズも多様化しているため、訪れる企業の興味のある内容に応じて、スタジオ内のレイアウトを変更して対応するとのこと。機材レンタルを受け付けるほか、導入においてのシステム作りなどの相談にも乗り、案件ごとにオーダーメイドのようなきめ細やかさで請け負う。

 プレオープンには、3日間で14社が来場したとのこと。医療、セキュリティ、ゲームといった分野は、すでに8Kへのニーズが顕在化しているが、それぞれのニーズや課題は異なる。シャープでは、それぞれに適した解決策を提案し、ショールーム的な施設ではなく、事業につなげるための施策として運営していく。

「8K Labクリエイティブスタジオ」の役割
「8K Labクリエイティブスタジオ」の役割
8K Labの概要
8K Labの概要

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]