logo

国交省と経産省、モビリティ課題の解決に向けプロジェクト--28か所の支援対象を選定

西中悠基 (編集部)2019年06月18日 17時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省と国土交通省は6月18日、新たなモビリティサービスの社会実装を目指すプロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」の支援地域・事業を選定したと発表した。

 スマートモビリティチャレンジは、経済産業省と国土交通省が共同で進めるプロジェクト。移動課題の解決や地域活性化を、新たなモビリティサービスの社会実装を通じて目指す地域・企業の支援を目的としている。

 今回支援地域・事業に選定されたのは、あわせて28箇所。経済産業省は、先駆的に新しいモビリティサービスの社会実装に取り組み、事業計画策定や効果分析などに協力する「パイロット地域」として、新潟県新潟市や神奈川県横須賀市など13箇所を選定した。

 国土交通省は、MaaSを始めとする新たなモビリティサービスの実証実験を支援し、地域の交通課題解決に向けたモデル構築を推進するため、「新モビリティサービス推進事業」の先行モデル事業として、静岡県伊豆地域や兵庫県神戸市など19箇所を選定した。両者による選定のうち、4箇所は共同選定となっている。

選定された支援対象地域・事業
選定された支援対象地域・事業

 スマートモビリティチャレンジは今後、経済産業省と国土交通省が設立したスマートモビリティチャレンジ推進協議会の活動を通じ、具体的なニーズやソリューションに関する情報共有の促進、新しいモビリティサービスの普及に向けた課題の抽出などを実施。将来のスマートモビリティの普及に向けたビジネス環境整備を進める。

スマートモビリティチャレンジ推進協議会の活動
スマートモビリティチャレンジ推進協議会の活動

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]