logo

ユニオンテック、建設工事マッチングプラットフォーム「SUSTINA」導入1万件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニオンテックは6月3日、建設工事マッチングプラットフォーム「SUSTINA(サスティナ)」の導入社数が、2016年9月のサービス開始から約3年で1万件を突破したと発表した。これを記念し、SUSTINAのこれまでの軌跡を数値で読み解くインフォグラフィックを公開した

 SUSTINAは、建設業者に特化した仕事マッチングサービス。「協力業者を探す」「工事を探す」から、エリアや募集職種、納期、予算などを参照し、問い合わせられる。

 導入エリア上位は、「関東」が56%、「近畿」が20%、「中部」が10%で、流入経路はFacebook、twitter、Instagram等、「ソーシャルメディア」が45%を占めている。登録会員の職種は、1位が「内装工事」、2位が「クロス」、3位が「塗装」で、「大工」「リフォーム」「電気工事」と続く。

 ユニオンテックでは今後、SUSTINAについて、掲載企業情報のさらなる充実と、受発注にまつわるやり取りの定型化を予定し、閉鎖的で属人的な業界の透明化と、基準作りを推進するとしている。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]