logo

日本の電子コミックを海外へ--パピレスとアムタス、取次事業で共同出資会社設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パピレスとアムタスは5月29日、日本の電子コミックにおける、海外販売向けコンテンツの配信許諾代行、翻訳サポート、海外販売先への取次と配信先の開拓を目的とした共同出資会社「アルド・エージェンシー・グローバル株式会社」(AAG)の設立で合意したと発表した。

 設立は2019年7月を予定。資本金は、1億円 (資本金:5000万円、資本準備金:5000万円)。出資比率は、パピレスが66.6%、アムタス33.4%。

 両社によると、2018年3月にアムタスの親会社であるインフォコムがパピレスの株式を取得。主要株主となって以降、協業の可能性を検討していたという。

 アルド・エージェンシー・グローバルでは、配信地域の文化や習慣に合わせた作品のローカライズや翻訳、海外配信先の確保、支払いシステムの提供など、出版社が海外でコンテンツを配信する際に必要なほぼすべての業務を代行するという。

 設立当初は、パピレスの台湾、香港、米国の子会社へ取次事業を行うと同時に、台湾・中国・北米での配信先となる電子書籍事業者の開拓を行う。将来的には、ヨーロッパやその他のアジア地域でも展開することも計画しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]