logo

グーグル、ファーウェイの既存端末にはサービス提供を継続へ--米政府の措置に見解

藤井涼 (編集部)2019年05月20日 16時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米トランプ大統領が事実上、ファーウェイに対する米国製品の提供を禁止したことを受けて、グーグルがファーウェイとの一部取り引きを停止したと、Reutersが5月20日に報じた

 今後、ファーウェイには「Android」OSのアップデートが提供されなくなり、中国国外で今後登場するファーウェイのスマートフォンでは、「Gmail」や「Google Play」などのアプリやサービスにアクセスできなくなるという。さらに、Googleはファーウェイへの技術サポートの提供を停止するとしている。

 これに対して、グーグル広報は「私たちはその命令を順守し、影響を検討している」とコメント。また、Androidの公式ツイッターは以下のように見解を投稿し、ファーウェイの既存端末ではサービス提供を継続する意向を示した。

 「ファーウェイのユーザーから、最近の米国政府の措置に関する質問があった。私たちが米国政府の要件に準拠している間は、Google PlayやGoogle Play Protectといったセキュリティーサービスが既存のファーウェイ端末で機能し続けることを保証する」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]