logo

ソニー、耳をふさがないイヤホン--独自の音導管設計で音漏れしにくい

加納恵 (編集部)2019年05月14日 13時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーモバイルコミュニケーションズは5月14日、周囲の音を聞きながら音楽や通話ができるオープン型のワイヤレスイヤホン「SBH82D」を発表した。耳をふさがないオープンイヤースタイルを採用する。発売は6月8日。想定税別価格は1万円前後になる。

「SBH82D」
「SBH82D」

 SBH82Dは、Bluetooth対応のオープンワイヤレスイヤホン。独自の音導管設計により、鼓膜へダイレクトに音を届けることで、周囲の音とプレーヤーからの音をブレンドして聞くことができる。

 耳をふさがない構造ながら、音導管設計により音漏れを低減。周囲の音の聞こえやすさと広がりのある音を両立させ、BGMのように音楽を楽しむ構造を採用しているという。本体には、リチウムイオン電池を備え、約2時間のUSB充電で7.5時間の連続音楽再生が可能。音声コーデックはSBC、AACに対応する。

ブラック、ブルー、グレーの3色を用意
ブラック、ブルー、グレーの3色を用意

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]