logo

ドコモ、MRヘッドセットの「Magic Leap」に300億円超えを出資

藤井涼 (編集部)2019年04月26日 15時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは4月26日、MRヘッドセット「Magic Leap One」などを手がける米Magic Leapと資本・業務提携し、同社に対して約2億8000万ドル(約312億円)を出資したことを発表した。

MRヘッドセット「Magic Leap One」
MRヘッドセット「Magic Leap One」

 MRは高臨場感のあるデジタル体験や、リアルとデジタルが融合したインタラクティブなサービスなど、新たな付加価値を提供できる可能性があるとドコモは説明する。

 Magic Leapとの提携を通じて、5Gの持つ高速・大容量・低遅延といった特長や、dアカウントをはじめとしたドコモのアセットとの連携によって、日本国内における空間コンピューティングを利用したMRサービスの創出と市場の拡大を目指すとしている。

 具体的には、Magic Leapが今後日本国内向けに提供を予定している空間コンピューティングを利用したMRコンテンツの配信プラットフォームにおいて、dアカウント連携などの日本版対応を共同で推進するほか、ドコモが提供するサービスのMR対応や、ドコモの5Gパートナーなどとの連携により、日本におけるMRコンテンツの開発や普及を共同で促進する。

空間コンピューティングを利用したサービスイメージ
空間コンピューティングを利用したサービスイメージ

 さらに、Magic Leapが今後日本向けに提供を予定している空間コンピューティングデバイスの販売権をドコモが取得するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]