logo

ドワンゴ、CG映像制作事業「TUNEDiD」を開始--大型モーションキャプチャスタジオも

佐藤和也 (編集部)2019年04月23日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴは、CG映像制作を行う新事業ブランド「TUNEDiD」(チューンディッド)の開始と、制作スタジオ「TUNEDiD film」、大型モーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」を、4月22日から開設した。

 TUNEDiDにおける事業内容は、モーションキャプチャー技術を積極的に活用した3DCGアニメーション制作。近年のアニメやゲーム、ライブといった映像コンテンツ産業において、3DCGの重要度が増してきていることを背景に、高品質な3DCGアニメーションからモーションキャプチャーを駆使したキャラクターのバーチャルライブまで、最新の映像制作サービスを提供することを目的としたスタジオを立ち上げたとしている。

「TUNEDiD studio」内観
「TUNEDiD studio」内観

 TUNEDiD studioは東京都品川区に開設。12m×8m×6mの空間に、モーションキャプチャーカメラ(VICON VantageV5)54台と最新のキャプチャーソフトウエアを設置するという、同社では「都内でも最大規模」とうたう。撮影空間密度を高めることにより、同時に10人以上のリアルタイムCGキャラクター生成が可能。モーション収録だけでなく、ライブイベントなどでの活用、リッチなリアルタイム演出も実現可能としている。

多人数モーションキャプチャーの様子
多人数モーションキャプチャーの様子

 TUNEDiD filmの主要メンバーとして、CGスーパーバイザーに松野美茂氏(「ラブライブ!2期」、「GUNDAM EVOLVEシリーズ」他)と林成輝氏(「ゾイドジェネシス」、「バトルスピリッツ 少年突破バシン」他)、CG合成編集スーパーバイザーに佐藤浩一郎氏(「SDガンダムフォース」、「ポケットモンスターシリーズ」他)、モーションキャプチャースーパーバイザーに富永竜二氏(ライブ施設「ニコファーレ」の立ち上げ、有名ゲームタイトルなど)、コンセプト・デザイナーに岡田有章氏(「翠星のガルガンティア」、「さよならの朝に約束の花をかざろう」、「クロムクロ」他)が名を連ねている。

CG制作事例となる「バーチャルさんはみている」OP
CG制作事例となる「バーチャルさんはみている」OP (C)DWANGO Co., Ltd.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]