logo

グーグル、組み込みブラウザーフレームワークからのサインインをブロックへ--中間者攻撃対策を強化

Catalin Cimpanu (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年04月22日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、中間者(MITM)攻撃によるフィッシングから保護するためのセキュリティを改善したいと考えており、ログインに関連するセキュリティを向上させる取り組みを明らかにした。

 Googleの製品マネージャーでアカウントセキュリティを担当するJonathan Skelker氏によると、同社は、組み込みブラウザーフレームワークからのサインインをブロックする計画だという。

 これには、「Chromium Embedded Framework」(CEF)などのツールによるログインも含まれる。

 Skelker氏は、CEFといった組み込みブラウザーフレームワークなどが認証に利用されていると、MITMは検出するのが困難だと述べ、「これらのプラットフォームでは正当なサインインとMITM攻撃を区別できないため、6月以降、組み込みブラウザーフレームワークからのサインインをブロックする」と説明している

 Googleは、アプリからCEFなどの組み込みブラウザーフレームワークを削除する必要に迫られる開発者に対し、代わりにブラウザーベースのOAuth認証を利用するよう呼びかけている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]