logo

セブン-イレブン、深夜営業短縮の実証実験を開始--直営10店舗で

佐藤和也 (編集部)2019年03月23日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン-イレブン・ジャパンは、3月21日から全国の直営店10店舗において、営業時間を短縮した深夜営業短縮の実証実験を開始したと発表。環境変化にともなう利用者のニーズや、今後の社会構造の変化にきめ細かく柔軟に対応するための実験としている。

 この実証実験では、深夜営業短縮を行った際に想定される課題の抽出や対応策の検討、加盟店への展開に向けた検証の積み上げを目的としたもの。利用者からの意見を踏まえた上で、店舗従業員の作業効率や、配送における物流効率など、深夜営業短縮に伴うあらゆる課題を抽出し、これまで以上に魅力ある店舗づくりに活かしていくために実施するとうたう。

 対象店舗は全国にある特定の直営店10店舗で、実証実験への影響などを考慮し、店舗名は非公表。店舗別に7~23時、6~24時、5時~25時(翌日1時)の3種類の営業時間で実施。今後は、直営店における検証を重ね、範囲をフランチャイズ店舗へ拡大する計画。加盟店とともに実証実験に取り組み、さまざまな角度から営業時間のあり方を検討するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]