logo

iPad Airが復活--Apple PencilやSmart Keyboardに対応、税別5万4800円から

山川晶之 (編集部)2019年03月18日 23時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは3月18日(現地時間)、約5年ぶりとなる「iPad Air」の新型モデルを発表した。あわせて、新型iPad miniも登場している。

キャプション
新型iPad Air

 2014年に発売された「iPad Air2」の後継機。iPadとiPad Proの中間に位置するモデルとなり、第一世代のApple Pencilに対応するほか、iPadや同時に発表された新型iPad miniでは対応しない、Smart Keyboard(現行iPad ProのSmart Keyboard Folioと異なる)をサポートした。

 SoCはA12 Bionicを搭載。そのほか、True Toneに対応した10.5インチRetinaディスプレイ、Touch ID、64/256GBのストレージ、8メガピクセルのリアカメラ、7メガピクセルのフロントカメラ、3.5mmヘッドフォンジャック、Lightningコネクターを搭載。重さは、Wi-Fiモデルが456g、LTEモデルが464g。

 価格は、Wi-Fiモデルは64GBが5万4800円(以下、すべて税別)、256GBが7万1800円。LTEモデルは、64GBが6万9800円、256GBが8万6800円。モデルカラーは、スペースグレイ、シルバー、ゴールドをラインアップする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]