logo

3社が規格統一した「アミューズメントICカード」にタイトー「NESiCA」も参入

佐藤和也 (編集部)2019年01月22日 19時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイトーは1月22日、アミューズメント施設で使用できる各社共通の「アミューズメントICカード」対応するサービスの運用を開始を発表。あわせて、2月14日から全国のタイトーステーションならびにタイトーFステーションにおいて「アミューズメントICカード」対応のNESiCAを発売する。

「アミューズメントICカード」対応NESiCAイメージ
「アミューズメントICカード」対応NESiCAイメージ

 アミューズメントICカードは、アミューズメント施設でネットワークゲームを継続的に遊ぶことのできる共通のユーザー認証カード規格。コナミアミューズメント、セガ・イ ンタラクティブ、バンダイナムコアミューズメントの3社が、ユーザーの利便性を高めることを目的として、各社独自展開していたICカードの規格を統一。2018年10月から導入されている。

 タイトーとしてのアミューズメントICカード対応のゲーム第1弾は、3月稼働開始予定の対戦格闘ゲーム「ストリートファイターVタイプアーケード」(カプコン)としている。また、今回の稼働に合わせて、オリジナルデザインのアミューズメントICカードの販売も3月に予定しているという。

 タイトー側では、そのほかのタイトルへの対応も進める予定。また、これまで使用していたNESiCA(アミューズメントIC共通マークなし)も、引き続きタイトー製品で利用できるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]