logo

携帯大手3社、2年契約で「違約金」かからない期間を3カ月に延長

藤井涼 (編集部)2019年01月17日 18時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、2年定期契約などの違約金(解約金)がかからない期間を、2カ月間から3カ月間に延長することを発表した。3月以降に契約期間を満了するユーザーから適用する。

 各社はこれまで、ユーザーが定期契約の料金プランや各種割引サービスを解約する際、定期契約満了月の翌月と翌々月の2か月間を解約金がかからない期間としていたが、これを1か月間延長し、定期契約満了月の当月、翌月、翌々月の3か月間に変更する。

 総務省は携帯3社に対して、長期契約する代わりに割引くいわゆる“2年縛り”について、違約金や25カ月目の通信料金を支払わずに解約できるように措置を講ずることを求めていた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]