logo

モジラがAndroid向け新ブラウザ「Fenix」を開発中--詳細が徐々に明らかに

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年01月16日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaが「Android」向けの新しいブラウザを開発中だ。この新ブラウザは既存のAndroid版Firefoxモバイルブラウザに取って代わるものと考えられている。

 このAndroid向け新ブラウザはより若いユーザーを対象としているらしく、Mozillaの開発者らはGitHubの説明文で「『Fenix』は親たちのAndroidブラウザではない」と述べている。

 MozillaのコントリビューターであるSoren Hentzschel氏とITニュースブログのGhacksが発見したFenixのモックアップを見ると、Fenixの開発者らはAndroid版Firefoxブラウザを刷新しており、現在はURLバーとホームボタンをユーザーインターフェースの下部に配置するアイデアを試しているようだ。

 Android版Firefoxを置き換えるかもしれないFenixのニュースは、2018年半ばに報じられた。ある人物がGitHubでその新しいMozillaモバイルプロジェクトを発見したことがきっかけだった。同プロジェクトの活動はここ数カ月の間に活発化している。

 メニュー(これも下部に配置されている)には、ナビゲーションボタンに加えて、新しいタブやプライベートタブを開くといったアクションを実行するボタン、デスクトップサイトに切り替えるトグル、設定や「Your Library」(あなたのライブラリ)のボタンが含まれる。

Hentzschel氏が投稿したFirefox Fenixのモックアップ
Hentzschel氏が投稿したFirefox Fenixのモックアップ。同氏は、これらが新しいブラウザの見た目や機能に関するヒントにすぎないと強調している。
提供:Soren Hentzschel/Mozilla

 Fenixの開発者らは現在、最近のタブへのショートカットを含む「セッション」をホームページに表示する最適な方法の開発に取り組んでいる。現在のモックアップでは、ブラウザで開いているタブのリストを含む「Current Session」(現在のセッション)と、閉じられたタブ(閉じられた時間のタイムスタンプ付き)を表示する「Recent Sessions」(最近のセッション)が採用されている。

 Ghacksによると、FenixはAndroidの「WebView」ではなく、Mozillaの「Android Components」ライブラリセットとMozillaの「GeckoView」をベースとしているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]