logo

クリエイティブ、頭や耳をスキャンして音場をパーソナライズする「SXFI」--日本でも発売へ

加納恵 (編集部)2019年01月15日 17時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クリエイティブメディアは1月15日、「Super X-Fiヘッドホン ホログラフィ」技術を採用したヘッドホンアンプやワイヤレスヘッドホンを、直販サイトで1月下旬から順次販売開始すると発表した。

「SXFI」シリーズ。「Creative SXFI AMP SF-HPAMP」(左下)、「Creative SXFI AIR SF-AIR」(右上)、「Creative SXFI AIR C SF-AIRC」(右下)
「SXFI」シリーズ。「Creative SXFI AMP SF-HPAMP」(左下)、「Creative SXFI AIR SF-AIR」(右上)、「Creative SXFI AIR C SF-AIRC」(右下)

 Super X-Fiヘッドホン ホログラフィは1月8日、Creative Technologyが米国で開催された総合展示会CES 2019で発表したもの。各個人の頭や耳をスキャンして音場をパーソナライズでき、1対のヘッドホンでマルチスピーカー サラウンド システムの音場を再現する。

 スマートフォンで顔と両耳の写真を撮影し、各個人の頭や耳の形状の高度なマッピング プロセスを通じた複雑な計算アルゴリズムによって各個人にオーディオをフィットさせるというもの。リアルタイムの画像検出、分析により多数の高精度画像から身体的な特徴をマッピング、AIエンジンが身体的特徴をヘッドホンダイナミクスとともに抽出して3次元空間の音響マッピングと合成するという。

 これによりSuper X-Fiは、ヘッドホン用の自然な広がりのある音場再現と、各個人の特徴に合わせてカスタマイズされたリスニング体験を提供する。

 発売されるのはヘッドホンアンプの「Creative SXFI AMP SF-HPAMP」(クリエイティブストア税別価格:1万6800円)と、Bluetoothヘッドホン「Creative SXFI AIR SF-AIR」(同:1万7800円)、ヘッドセット「Creative SXFI AIR C SF-AIRC」(同:1万3800円)の3つ。

 Super X-Fi用に特別に開発されたカスタムUltraDSPチップ「Super X-Fi UltraDSP」による、Super X-Fi対応機になる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]