logo

ホンダ、リハビリ用の歩行訓練機器「歩行アシスト」FDA認証取得--米国で販売可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本田技研工業(ホンダ)は、同社の歩行リハビリテーション向け外骨格パワードスーツ「Honda歩行アシスト」が、米食品医薬品局(FDA)から市販前届出「Premarket Notification」認証を取得できたと発表した。

リハビリ用の歩行訓練機器でFDA認証取得(出典:ホンダ)
リハビリ用の歩行訓練機器でFDA認証取得(出典:ホンダ)

 Honda歩行アシストは、脳梗塞などの影響でスムーズな歩行ができない状態の人に装着してもらい、歩く動きを補助してリハビリを支援する歩行訓練機器。利用者が腰と大腿(だいたい)部に取り付けて歩くと、角度センサが股関節の動きを検出し、モーターで足の動きを助け、効率的で左右のバランスがよい歩行へつなげる。こうして歩行訓練を実施すると、神経筋の回復が促進されるという。

腰と大腿部に装着して歩く(出典:ホンダ)
腰と大腿部に装着して歩く(出典:ホンダ)

歩行支援の仕組み(出典:ホンダ/YouTube)


 ホンダは1999年に歩行アシストの研究を開始し、日本では2015年11月より歩行訓練機器として法人向けリース販売をしている。現在、約250の施設で利用されているそうだ。

 今回FDA認証を取得したことで、米国でもHonda歩行アシストを医療機器として販売することが可能になった。なお、欧州では2018年1月に医療機器指令「Medical Device Directive(MDD)/CE Marking」認定済み。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]