logo

オムロン、CES 2019で「近未来のモノづくり現場」体験--人気の卓球ロボットも

坂本純子 (編集部)2019年01月12日 14時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 オムロンは、1月8日から11日(米国時間)まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催された「CES 2019」において、最新のAI技術を備えた第5世代の卓球ロボット「フォルフェウス」を披露した。さらにフォルフェウスのコア技術を使って再現した「近未来のモノづくり現場」コーナーでは、実際の生産設備を稼働させ、工程毎に取得した来場者のID情報をもとに、オリジナルのマグネットケースノベルティを作成できる「モノづくり体験」でにぎわった。その様子をフォトレポートでお伝えする。

 オムロンは、1月8日から11日(米国時間)まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催された「CES 2019」において、最新のAI技術を備えた第5世代の卓球ロボット「フォルフェウス」を披露した。さらにフォルフェウスのコア技術を使って再現した「近未来のモノづくり現場」コーナーでは、実際の生産設備を稼働させ、工程毎に取得した来場者のID情報をもとに、オリジナルのマグネットケースノベルティを作成できる「モノづくり体験」でにぎわった。その様子をフォトレポートでお伝えする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]