logo

AMD、7nmプロセス採用のゲーミングGPU「Radeon VII」を発表--2月7日発売へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年01月10日 08時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AMDはCES 2019において米国時間1月9日、世界で初めて7nmプロセスを採用したゲーミングGPU「Radeon VII」を発表した。AMDの最高経営責任者(CEO)を務めるLisa Su氏が基調講演で、次世代「Vega」アーキテクチャをベースとするこのプロセッサについて、「当社がこれまで構築してきた中で最も強力なゲーミングGPU」と評した。

「Radeon VII」を発表
「Radeon VII」を発表するCEOのLisa Su氏。

 ハイエンドなこのGPUは、最大1.8GHzで動作する演算ユニットを60基搭載する。16GバイトのHBM2メモリを備え、1TB/秒のメモリバンド幅を実現する。

 「Adobe Premiere」と人気の高いオープンソースの3Dモデリングアプリケーション「Blender」で、30%近い性能向上がみられる。「Battlefield V」では「Radeon RX Vega 64」と比べて最大35%、「Fortnite」では最大25%高い性能を実現するという。

 2月7日に699ドル(約7万6000円)で発売される予定。期間限定で、「Resident Evil 2」「Devil May Cry 5」「Tom Clancy's The Division 2」がバンドルされるという。

 Su氏はさらに、Googleが「Radeon Pro」を、同社のゲームストリーミングプロジェクト「Project Stream」用のGPUとして採用したことを発表した。

 Su氏は、AMDにとって初めてのCESでの基調講演となったこの機会を利用して、7nmプロセス技術を採用したAMDの第3世代「Ryzen」プロセッサも披露した。このプロセッサは2019年半ばに発売される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]