logo

JAL、空港などで対話型AIロボットによる実証実験--ハワイのおすすめスポットを紹介

佐藤和也 (編集部)2019年01月09日 18時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)は1月9日、ロボティクスベンチャーのハタプロを協力し、手乗りサイズの対話型AIロボット「マカナロイド」を活用した、ハワイ島のおすすめスポットを紹介する実証実験の展開を発表した。

 同社ではこれまでホームページや専用アプリにおいて、ハワイの情報をチャット形式で回答するバーチャルアシスタント「マカナちゃん」を展開。今回の実証実験では、空港やラウンジ、店舗などのリアルの場において、音声認識機能や画像認識機能などを活用した対話型AIロボットのマカナロイドを新たに設置。利用者の年代や性別に合わせて会話をしながら、ハワイ島のおすすめスポットを提案するという。

 2018年12月下旬からすでに開始されており、期間は2019年3月末までを予定。国内では成田国際空港国際線サクララウンジ本館、中部国際空港サクララウンジ、関西国際空港発券カウンター、 JALプラザ有楽町、日本航空本社ビル2階など。ほか、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港発券カウンター、シェラトン・ワイキキJALPAKアロハステーション、ハイアット リージェンシー ワイキキJALPAKアロハステーションに順次設置していくという。

 今回の実証実験では、最先端のテクノロジーを活用した新たなサービス提供を目指すとともに、スマート空港化の一環として、空港や現地スタッフの業務支援としての活用の可能性も検討するとしている。

対話型AIロボット「マカナロイド」のイメージ
対話型AIロボット「マカナロイド」のイメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]