logo

AT&Tの5Gモバイル通信、12月21日に米12都市で提供開始へ

Corinne Reichert (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年12月19日 11時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米通信大手AT&Tは、5Gモバイルネットワークのサービスを米国時間12月21日に開始すると発表した。ジョージア州アトランタ、ノースカロライナ州シャーロット、テキサス州ダラス、ヒューストン、サンアントニオ、ウェーコ、インディアナ州インディアナポリス、フロリダ州ジャクソンビル、ケンタッキー州ルイビル、オクラホマ州オクラホマシティ、ルイジアナ州ニューオーリンズ、ノースカロライナ州ローリーで提供する。

 AT&Tの5Gネットワークは、3GPP(3rd Generation Partnership Project)の標準規格に準拠している。2019年前半にはさらにネバダ州ラスベガス、カリフォルニア州ロサンゼルス、テネシー州ナッシュビル、フロリダ州オーランド、カリフォルニア州サンディエゴ、サンフランシスコ、サンノゼでもサービスを開始する予定だ。

 AT&Tはこのサービス向けに、同社のLTE-Advancedおよびミリ波(mmWave)ベースの5Gモバイルネットワークを利用する「NETGEAR Nighthawk 5G Mobile Hotspot」を用意する。既存のスマートフォンはこのNETGEARのホットスポットに接続できるようになる。

 AT&Tの最高技術責任者(CTO)を務めるAndre Fuetsch氏は先ごろ、米ZDNetの取材に対し、今回のサービス開始にあたってはEricsson、Qualcomm、NETGEARとも協力し、「劇的に加速された」スケジュールで取り組んだと述べた。

 「われわれは、過去に経験がないほどのスピードで自らを駆り立てた」(Fuetsch氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]