logo

AI画像認識の「Googleレンズ」、iOS版Googleアプリにも搭載

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2018年12月12日 11時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月10日、人工知能(AI)による画像認識を応用した高度な検索機能「Googleレンズ」を「iOS」ユーザーにも提供開始すると発表した。「Android」向けには3月に公開されたGoogleレンズは、iOSではこれまで「Googleフォト」アプリでしか使えなかった。

 それが今回、「iPhone」と「iPad」でも、写真を撮影してカメラロールからこの機能を使うのではなく、「Google」アプリの検索バー内に表示されるGoogleレンズのアイコンをタップできるようになった。

 Googleレンズは画像内のテキストを認識することが可能で、単語を調べたり、メールアドレスを保存したり、電話番号を読み取って発信したりできる。また、買い物の検索にも役立つものとなっている。

 使い方は簡単で、検索バーの右側、マイクアイコンの隣にあるGoogleレンズの四角いアイコンをタップするだけだ。すると、iPhoneのカメラが起動し、ユーザーが詳しい情報を知りたがっていると推測されるアイテムの上に青いドットを表示する。

Googleレンズ
提供:Google

 オブジェクトやテキストをタップすると、画像の下に、Googleのほかのアプリと似た「カード」に検索結果が表示される。

 Googleレンズの機能を最初に使えるようになったのはAndroidユーザーで、特に「Pixel」スマートフォンの所有者には真っ先に提供された。Googleはその後、ほかのデバイスにも徐々に提供範囲を広げている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]