logo

「Firefox 64」公開、機能の提案やタブ管理を強化

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年12月12日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Firefox」の新版が米国時間12月11日にリリースされた。ウェブをさらに興味深いものにし、利便性を高めたり、生産性を向上させたりするようなオプションを試しやすくなった。

 「Firefox 64」には「Contextual Feature Recommender(CFR)」という機能が追加されている。Mozillaによると、ユーザーの次の操作を想定し、その操作に役立つ拡張機能や各種機能を勧めるという。たとえば、ユーザーが同じタブを何度も開いている場合、今後アクセスしやすくなるよう、タブストリップにピン留めするよう提案する。ほかにも、Facebookがユーザーのウェブ閲覧を追跡できないようにする「Facebook Container」、Googleの翻訳サービスを利用できる「Google Translate」、「YouTube」でユーザーエクスペリエンスを向上させる「Enhancer for YouTube」などの拡張機能をインストールするよう提案される場合がある。

 この機能によって、Firefoxを自分の好きなようにカスタマイズしやすくなることも想定される。このことは、ブラウザ市場で「Google Chrome」が支配的地位にある中でも、ユーザーがFirefoxを使い続ける理由になるかもしれない。そしてMozillaが、実質的にChromeに支配されるだけではない、プライバシーを尊重するウェブを推進しようと追及することにつながるかもしれない。

Firefox
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

 またこの機能は、拡張機能の開発者が自作のツールをFirefoxにもたらす動機になる可能性もある。拡張機能はかつてFirefoxの大きな利点だったが、Mozillaがその技術を見直したために動作しなくなったものが多数ある。現在はChromeがさらなる拡張機能を提供している。

 拡張機能は、ブラウザをカスタマイズする優れた手段だ。ユーザーが別のブラウザに乗り換えるないよう引き止められる可能性も高まる。新しいブラウザがユーザーの好きなように動くようにすることは、面倒であり非常に難しい場合もあるためだ。Mozillaはユーザーや利用数の減少に直面している。Firefoxを利用しているユーザーを維持し、利用していないユーザーにアピールする狙いがあるのは明らかだ。

 CFR機能は通常のブラウジングモードで米国のユーザーのみに提供される。プライベートブラウジングモードでは表示されない。また、Mozillaがユーザーのブラウザ履歴のコピーを取得することはない。

 さらにFirefox 64では、タブを処理する機能が改善されている。Ctrlキーを押しながらクリックして、複数のタブを選択できるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]