logo

Lyft、IPO申請書ドラフトを米証取委に提出

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年12月07日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lyftは米国時間12月6日、新規株式公開(IPO)の登録申請書のドラフトを非公開で米証券取引委員会(SEC)に提出したことを明らかにした。

 公開株数、価格帯については未定だという。Lyftの声明によると、IPOはSECが計画を審査した後に始まる見込みだ。

 2012年創業のLyftは米国とカナダに100万人以上のドライバーを擁する、最もよく知られたライドシェアサービスのうちの1社だ。Lyftの2017年の乗車件数は、2016年比130%増の3億7550万回だった。

 Lyftと競合するUberも2019年のIPOを目指している。同社はウォール街の複数の金融機関から、IPOにおける同社の企業価値を最大で1200億ドル(当時のレートで約13兆5000億円)と評価する提案を受け取ったと、10月に報じられていた。

Lyftのアプリ画面
提供:Angela Weiss / AFP / Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]