logo

Sansan、日本郵政キャピタルなどから約30億円を資金調達

佐藤和也 (編集部)2018年12月06日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanは12月6日、日本郵政キャピタル、T. Rowe Price Japan Fund、 SBIインベストメント、DCM Venturesから、合計約30億円を資金調達したと発表した。

 Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」や、個人向け名刺アプリ「Eight」を展開。Sansanは7000社以上で導入、Eightは登録者数が200万人を超えているという。

 今回の資金調達で、これまでの累計調達総額は約114億円に。同社では「出会いからイノベーションを生み出す」を新たなミッションにすえ、調達した資金について「名刺を起点とした、イノベーションを生み出す事業の展開を加速していく」としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]