logo

[ブックレビュー]超初心者から学べる--「線一本からはじめる 伝わる絵の描き方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「線一本からはじめる 伝わる絵の描き方」
「線一本からはじめる 伝わる絵の描き方」

 絵が描けないというのは、個人的に長年のコンプレックスではある。文字で説明できても、絵が描けた方が良い場面はいくらでもある。絵があると、相手に「こんな感じ」というのを分かってもらいやすくなるので話がスムーズに進む。プレゼン資料やテキストなどでは、簡単なものでもちょっとしたイラストがあれば伝わりやすくなる。

 なぜ絵が描けないのか? まず、どこから描き始めればいいのか分からないというのがある。また一つの部位に意識が集中しすぎて、ほかとのバランスが分からなくなるなど、描けない者の言い分はいろいろある。しかし、本書の「ロジカルデッサン」なら、自分にも描ける(ような気がする)。なぜなら、「ロジカル」と名のつく通り、とても論理的に線や形、それらの組み合わせ方などについて、詳しく丁寧に文章で説明されているからだ。

 当然のことだが、絵や写真でも説明されているが、「なぜその線がそうなってるのか」などの疑問には文章で答えてくれる。なにしろ、ペンの持ち方から始まるので、いったんまっさらな気持ちになって、線を描く練習から始める。立体物や情景も描けるようになれたら、と思うとわくわくしてくる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]