logo

MS、日本の新元号に対応するための「Office 2010」更新プログラム2件の配信を停止

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年11月20日 10時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftによって米国時間11月6日に公開された2件の「Outlook 2010」のアップデートが15日、配信停止になった。これらのアップデートによって起動時にアプリがクラッシュする問題が発生したためだ。

 同社は、配信を停止した「KB4461522」と「KB2863821」というアップデートに関するそれぞれのサポートページで、インストールしたユーザーは「『Microsoft Access』を含むアプリケーションがクラッシュする問題に遭遇するおそれがある」と記している。

 これら2件は日本の新元号が開始する際に元号が正しく表示されるようにする目的で「Microsoft Office 2010 Service Pack 2」に提供された更新プログラムであり、セキュリティパッチではない。

 また、同社は「Microsoft Office」のサポートページで、セキュリティアップデート「KB4461529」の適用によって「Outlook 2010 64ビット」がクラッシュするケースがあるという注意喚起を行っている。

 13日に公開された11月の月例アップデートに含まれているこのパッチによって、電子メールや悪意のあるウェブサイトを介して悪用可能な、遠隔地からのコード実行に関する4件の脆弱性が修正された。

 同パッチによって一部の環境でOutlookがクラッシュするという問題が引き起こされているものの、Microsoftは同パッチが解決する問題の重大性を考慮し、その削除は推奨していない。

 同社は、この問題に対するフィックスを公開するまで、「Outlook Web Access」を使用するよう勧めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]