logo

「Surface Go」タブレットのLTE版、11月20日発売へ--まず北米から

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年11月13日 09時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Microsoftは米国時間11月12日、以前から約束していた「Surface Go」タブレットのLTE対応モデルの予約注文受け付けを開始した。同製品は、米国とカナダで11月20日、その他21カ国で11月22日に一般発売される予定だ。

 「Surface Go with LTE Advanced」と呼ばれるこの端末は、Microsoftが最近リリースした「Surface Laptop 2」と「Surface Pro 6」と同様に、コンシューマー版とコマーシャル版の両方の構成で提供される。

 コンシューマーモデルには、8GバイトのRAMと128Gバイトのストレージに加えて、「Windows 10 Home」の「S Mode」が搭載されており(Windows 10 Homeに無料でアップグレード可能)、価格は679ドル(約7万7200円)から。Surface Goは現在、MicrosoftがデフォルトでWindows 10 HomeのS Modeを搭載して出荷する唯一のSurface製品だ。Microsoftによると、S Modeでは「Microsoft Store」のアプリだけが実行可能なので、セキュリティが高まるという。

 コマーシャルモデルは「Windows 10 Pro」が搭載された状態で出荷される(Windows 10 ProのS Modeに無料で変更可能)。価格は、RAMが8Gバイト/ストレージが128Gバイトのモデルで729ドル(約8万2800円)から、RAMが8Gバイト/ストレージが256Gバイトのモデルで829ドル(約9万4200円)から。

 日本マイクロソフトも11月13日、LTE Advanced対応でSIMフリーのSurface Goの先行受注を開始した。29日より発売する。法人向けであり、個人向けの販売については未定だという。8Gバイトのメモリと128Gバイトのストレージを搭載し、参考価格は8万4800円(税抜)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]