logo

YouTube、教育コンテンツ制作の促進に向け約22億円を投資へ

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年10月24日 10時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeは、「Learning」イニシアティブを通じて知識を広める取り組みに2000万ドル(約22億円)を投資する。

 YouTubeの最高経営責任者(CEO)を務めるSusan Wojcicki氏は、米国時間10月22日のブログ記事の中で、資金の一部は新たな基金「Learning Fund」に投じると述べた。同基金は、教育に重点を置いた動画のクリエイターや専門家グループを支援するもの。

 YouTubeのラーニング担当グローバル責任者、Malik Ducard氏は別のブログ記事で、条件を満たす動画のトピックは、(面接対策や履歴書作成などの)キャリアスキルから(ゲーム開発のプログラミングやJavaScript基礎などの)コンピュータサイエンスまで、かなり広範な領域になると述べた。

 「TED-Ed」やHank Green氏とJohn Green氏による「Crash Course」などのチャンネルは、すでに投資資金を確保している。このイニシアティブに参加を希望する人は、オンラインフォームに記入して申し込むことができる。

 この取り組みが、経験豊富な動画制作者を対象にしているのは明らかだ。応募者は、チャンネル登録者が2万5000人以上いるYouTubeチャンネルを少なくとも1つ運営している必要があるほか、「マルチセッションコンテンツ」(相互に連携して構成される教育関連動画)に向けた計画を説明しなければならない。

 YouTubeはまた、「YouTube Learning」チャンネルを立ち上げた。このチャンネルでは、キャリアスキルを教えるための動画を集めたプレイリストを積極的に配信する。

 投資の一部は、「YouTube Originals」の新作制作にも振り分けられる。YouTube Originalsは、広告なしの有料動画配信サービス「YouTube Premium」の会員だけが視聴できるオリジナル作品だ。

提供:Joan E. Solsman/CNET
提供:Joan E. Solsman/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]