logo

LINEとJR東日本、山手線8駅の改札通過で限定マンガを配信--LINE Beaconを活用

佐藤和也 (編集部)2018年10月11日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEと東日本旅客鉄道(JR東日本)は共同で、10月11日から山手線の8駅を対象に、限定オリジナルマンガを配信するキャンペーン「山手線×LINEマンガ ~マンガを読んでおでかけしよう!~」を開始した。

「月曜から金曜の男子高校生」(作:森つぶみ)。配信対象駅は池袋駅、新橋駅、代々木駅、御徒町駅
「月曜から金曜の男子高校生」(作:森つぶみ)。配信対象駅は池袋駅、新橋駅、代々木駅、御徒町駅

 このキャンペーンは、街中などに設置されたBeacon端末からの信号情報と連動して、LINE上でユーザーとコミュニケーションを行うことのできるサービス「LINE Beacon」を活用したもの。駅の改札を通過する利用者に対して、山手線の駅とその周辺の街を舞台にした限定オリジナルマンガを配信することで、街の魅力アピールと駅の利用活性化を目指す。

 4回に分けてコンテンツを配信。第1回配信は10月11日から池袋駅と五反田駅、第2回配信は10月22日から新橋駅と高田馬場駅、第3回配信は11月1日から田町駅と代々木駅、第4回配信は11月12日から御徒町駅と田端駅でそれぞれ開始。終了は12月11日23時59分を予定。公開された限定オリジナルマンガは、すべて実施期間終了まで閲覧することができる。

「ぐるぐるてくてく」(作:帯屋ミドリ)。配信対象駅は池袋駅、五反田駅、高田馬場駅、田町駅、田端駅
「ぐるぐるてくてく」(作:帯屋ミドリ)。配信対象駅は池袋駅、五反田駅、高田馬場駅、田町駅、田端駅

 配信する限定オリジナルマンガは、LINEマンガ編集部が手がけるオリジナル作品2タイトルの特別ストーリー。LINEマンガで連載中の「月曜から金曜の男子高校生」の仲良し4人組や、LINEマンガ秋の新連載攻勢にて連載開始予定の「ぐるぐるてくてく」の散歩部所属の女子高生2人が、各駅に降り立って繰り広げる日常を描いたものとしている。

 JR東日本では、山手線とその内側エリア内全36駅の改札口付近、山手線新型車両E235系の各車両内にLINE Beaconを設置しており、改札を通過する利用者に対してLINE Beaconを通じて情報提供を行う取り組みは、日本の鉄道事業者として初の試みとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]