logo

東急線各駅の券売機で銀行預金の引き出しが可能に--2019年春開始に向けて開発

西中悠基 (編集部) 飯塚 直2018年07月13日 19時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)と東京急行電鉄(東急)は7月13日、横浜銀行、ゆうちょ銀行と共同で、東急線各駅の券売機で銀行預金の引き出しができる「キャッシュアウト・サービス」の開発を開始すると発表した。

券売機のQRコード読み取り機能を使用する
券売機のQRコード読み取り機能を使用する
キャッシュアウト・サービス
キャッシュアウト・サービス

 GMO-PGは、スマートフォンを利用し、預金口座から直接決済することができるサービス「銀行Pay」を提供している。キャッシュアウト・サービスでは、銀行Payの仕組みを活用。スマートフォンのアプリで引き出し金額を入力し、画面に表示されたQRコードを券売機にかざすことで、提携金融機関の預金が引き出せる。券売機では暗証番号を入力する必要がないため、ATMと比較して引き出し時間を大幅に短縮できるという。東急は、券売機で預金を引き出せるサービスは日本初だとする。

サービス利用イメージ
サービス利用イメージ

 東急では、2018年度中に東急線一部駅の券売機で実証実験を開始。2019年春に、一部路線を除く東急線全駅でのサービス提供開始を目指すとしている。なお、手数料や引き出し上限金額は、実証実験の結果をふまえて決定する。

 サービス開発に携わる横浜銀行は、銀行Payを活用した同行のキャッシュレスサービス「はまPay」を提供している。同行取締役執行役員の前迫静美氏は、サービスを提供するなかで「現金が手元にないと不安」だという利用客の意見を多く聞き、「日本は想定以上に現金文化が根付いている」と感じたという。

 東急の事業開発室 プロジェクト推進部 イノベーション推進課 プロジェクトリーダー 八巻善行氏も同様に、「キャッシュレス化が進む一方で、手元に現金が無い状況が増え、いざという時に困る」という不安を指摘。八巻氏は、このサービスの導入により、「駅で手軽に現金が引き出せる安心感を提供することで、日本のキャッシュレス化に駅を通じて貢献できるのでは」とした。

東京急行電鉄 事業開発室 プロジェクト推進部 イノベーション推進課 プロジェクトリーダー 八巻善行氏
東京急行電鉄 事業開発室 プロジェクト推進部 イノベーション推進課 プロジェクトリーダー 八巻善行氏

 また八巻氏は、まずはサービスの開発に取り組む一方で、「他の鉄道事業者などへのサービス展開や、身近に金融機関やATMがない地域への展開も検討する」とした。生活の中心である駅の利便性が向上することで、キャッシュレス化の流れを支えることができるのでは、と語った。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]