logo

コーディネートアプリ「XZ」、手持ちの服で自動提案してくれる新機能

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年07月12日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 STANDING OVATIONは7月12日、同社が運営するファッションコーディネートアプリ「XZ(クローゼット)」(iOS/Android)が、手持ちの服を使った自動コーディネート提案エンジンを搭載し、フルリニューアルしたと発表した。

「XZ(クローゼット)」がフルリニューアル
「XZ(クローゼット)」がフルリニューアル

 同社によると、これまではユーザー間でコーデの悩みを解決するコミュニティアプリとして運用してきたが、今回のフルリニューアルで手持ち服を使った自動コーディネート提案機能を実装。これまで蓄積した300万点のユーザー所有服情報と、ファッションスナップのコーディネートパターンを解析することで、着こなしを自動で提案してくれるという。

 自動コーデ提案機能は、独自のアルゴリズムで構築したエンジンによって、「着回しに悩んでいた服」「いつか着ようと思って全然着ていない服」「買いたいけれど手持ちの服に合うか不安な服」などを登録すると、約3秒で着回しコーデが提示されるという。

 さらに、気象庁の天気・気温と紐づけることで、所有する服を使った1週間分のコーディネートを提案する「コーデ予報機能」も搭載した。提案されたコーデや自分で作ったコーデを登録し、予定に合わせてコーデを考えたり、着用頻度を管理したりできる「ダイアリー機能」も提供する。

 今後は、女性だけでなく男性版のコーデ提案機能を8月にリリース予定。また、買い足すべき新品アイテムを、所有する服を使ったコーデとともに提案する機能を12月にリリースする予定だという。将来的にはユーザーの好みやテイスト・体型・ライフスタイルまで考慮した、自動コーディネート提案エンジンへと進化させる計画だという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]