logo

テレワークの認知度は4割、経験者は4%で7割以上が継続希望--エン・ジャパン調べ

佐藤和也 (編集部)2018年06月23日 07時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エン・ジャパンは、同社が運営している求人・転職支援サービス「エン転職」上で、ユーザーを対象とした「テレワーク」についてアンケート結果を、6月18日付で公表。 テレワークの認知度は40%で、17%がテレワーク制度のある会社での勤務を経験したものの、実際にテレワークを経験したのは4%だったという。

 調査期間は4月25日~5月28日で、エン転職の利用者を対象にインターネット上でアンケートを実施。有効回答数は8341名。

「あなた自身は、テレワークの制度を使って働いたことはありますか?」の回答
「あなた自身は、テレワークの制度を使って働いたことはありますか?」の回答

 テレワーク未経験者のうち、「働いてみたい」と回答したのは40%。理由として多かったのは「通勤時間を短くしてプライベートを確保するため」(78%)、「業務に集中することが出来て生産性が上がるため」(35%)、「勤務地が遠いため」(16%)がとなっている。

「テレワークで働きたいと思う」と回答された方の理由(複数回答可)
「テレワークで働きたいと思う」と回答された方の理由(複数回答可)

 一方、「働きたくない」が12%、「分からない」が48%と回答。理由として上位3つに挙げられたのは、「仕事とプライベートをハッキリ分けたいため」(44%)、「長時間労働などの時間管理が不安なため」(28%)、「会社にいる時と同じ成果をテレワークで出せるかが不安なため」(26%)。なお、「テレワークで働く必要性を感じない」と回答したのは16%にとどまっているという。

「テレワークで働きたくない、わからない」と回答された方の理由(複数回答可)
「テレワークで働きたくない、わからない」と回答された方の理由(複数回答可)

 テレワーク経験者の77%が「引き続きテレワークで働きたい」と回答。理由は「時間を有効活用できるため」(83%)、「通勤のストレスがないため」(59%)が上位となった。

今後テレワークで働きたいと回答された方の理由(複数回答可)
今後テレワークで働きたいと回答された方の理由(複数回答可)

 一方で「働きたくない」と回答したのは11%。理由として「仕事とプライベートを分けたい」(55%)、「時間管理への不安」(43%)が多かったという。

今後もテレワークで働きたいと思わない・わからないと回答された方の理由(複数回答可)
今後もテレワークで働きたいと思わない・わからないと回答された方の理由(複数回答可)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]