logo

アップル、磁力で物体を浮かばせる技術が特許化--Apple Watchを浮かべて充電?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 何かを浮遊させておく、という行為はそれだけで魅力があるらしく、例えばこれまでも、スマートフォンを浮かべて充電する「OvRcharge」、「Apple Watch」を浮かべて充電する「Lift」、空中浮遊するBluetoothスピーカ「PUMP Air」といったガジェットを紹介した。そのほかにも、地球儀「WLY-GLOBE」、月球儀「MOON」、盆栽「Air Bonsai」などユニークなものもあった。

 Appleも空中浮遊に関心があるようで、何らかのアイテムを浮かばせる技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間5月22日に「ELECTROMAGNETIC LEVITATOR」(特許番号「US 9,979,259 B2」)として登録された。出願日は2015年8月27日、公開日は2017年3月2日(公開特許番号「US 2017/0063194 A1」)。

登録されたAppleの特許(出典:USPTO)
登録されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、磁力によるアイテム浮遊に必要な技術を説明したもの。反発力を生み出す電磁石、アイテムの位置を制御する電磁石、アイテムを回転させる電磁石という3組の電磁石を使って、アイテムを浮かばせる。3組の電磁石は、電流量がコントローラから制御され、発生する磁力が調整される仕組みだ。

3組の電磁石でアイテムを浮かばせる(出典:USPTO)
3組の電磁石でアイテムを浮かばせる(出典:USPTO)
電流量を制御して磁力を調整(出典:USPTO)
電流量を制御して磁力を調整(出典:USPTO)

 単にアイテム浮遊を実現させる技術を説明した特許であり、何を浮かべるのかや、何のために浮かべるのか、といったことには言及していない。Appleは、充電中の「AirPods」が浮く「AirPower」や、浮遊するスマートスピーカ「HomePod」などの開発を考えているのだろうか。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]