logo

SIEJA、1982年公開の劇場アニメ「FUTURE WAR 198X年」を初デジタル配信

佐藤和也 (編集部)2018年04月01日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、国内のPlayStation Storeにて、1982年に劇場公開されたアニメ「FUTURE WAR 198X年」の配信を3月30日から開始した。本作のデジタル配信は今回が初めてという。

 本作は1980年代の近未来を舞台に、米ソを中心として核戦争の危機を描くアニメーション作品。脚本は「鬼龍院花子の生涯」の高田宏治氏、監督は「大日本帝国」の舛田利雄と「わが青春のアルカディア」の勝間田具治氏が共同、撮影は白井久男氏と寺尾三千代氏が共同でそれぞれ担当。キャストには北大路欣也さんや夏目雅子さんといった往年の名優が担当している。

 デジタル配信はPlayStation Storeの先行独占となっており、5月31日(木)までの期間中は、配信価格が100円(税込)となっている。

「FUTURE WAR 198X年」
「FUTURE WAR 198X年」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]