logo

イーロン・マスク氏、今度は建材用の岩石ブロックを販売--日本から買えるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン決済サービス企業のPayPalを創業し、現在は電気自動車(EV)メーカーのTeslaやロケット企業のSpaceXで最高経営責任者(CEO)を務めるなどしているElon Musk氏について、起業家としての能力を疑う人は少ないだろう。そのように有能な人物だが、ときおり本気だか冗談だか判断しかねる行動をとる。先日も、ロケット「Falcon Heavy」のペイロードにTesla製EV「Tesla Roadster」を搭載して、火星に向けて打ち上げてしまった。

 そんなMusk氏が、またもや不思議な告知をした。自身が経営するトンネル掘削会社The Boring Companyを通じ、岩石製ブロックを販売するのだ。同社の掘削作業で出た岩石を、建物の建材として提供するそうだ。


突然、岩石製ブロックの販売を告知(出典:Musk氏のTwitterアカウント)

 岩石といっても表面が加工してあり、「LEGO」のように相互接続できて、内部が空洞なのでそれほど重くなく、2人で作業すれば小さな建物の外壁程度なら数日もかからず組み立てられるそうだ。カリフォルニア州の地震荷重基準もクリアし、極めて強固だとしている。


簡単に組み立てられるらしい(出典:Musk氏のTwitterアカウント)

 しかも、耐火性を備えるという。The Boring Companyが1月に販売した火炎放射器「The Boring Company Flamethrower」の炎にも耐えるので、Flamethrowerの購入者はブロックの購入も検討するとよいだろう。


2万台を完売した火炎放射器(出典:The Boring Company)

耐火ブロックなので、こんなことをしても安全なはず(出典:Musk氏のInstagramアカウント)

 各ブロックのサイズや大きさ、価格、送料、販売形態など不明なことばかりだが、第一段階ではエジプトにあるピラミッドやスフィンクス、ホルス寺院のような建造物を建てられるキットが販売されるらしい。

 ちなみに、世界各地へ出荷する計画としており、日本からでも買えるはずだ。


全世界へ向けて出荷する計画(出典:Musk氏のTwitterアカウント)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]