logo
企業決算

アリババ、クラウド事業の売上高が104%増--第3四半期

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年02月02日 15時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Alibaba(アリババ)は第3四半期決算(12月31日締め)を発表した。クラウド事業で新サービスを急速に展開させたことで、同事業の売上高は5億5300万ドルとなり、前年同期に比べ104%増加した。

 同四半期、クラウド事業では396件の新製品や新機能をリリースした。製品への人工知能(AI)技術の導入も継続的に行っている。

 また同社のエンタープライズ顧客に、化粧品小売のWatsons China、自動車メーカーのGeely、北京首都国際空港らが加わった。

Alibaba Q3

 同四半期、クラウド事業部門の調整後の減価償却前利益(EBITA)は2800万ドルの損失となった。

 12月31日までの9カ月間で、クラウド事業の売上高は13億8000万ドルとなった。

 Amazon同様に、アリババはEコマースを中核とする企業だが、クラウド事業ではより大きな利幅を得ている可能性が高い。

 同四半期のアリババ全体での純利益は35億8600万ドル、一株あたり利益は1.41ドル、売上高は127億6000ドルとなった。中国での同社マーケットプレースのモバイルからの月間アクティブユーザーは12月時点で5億8000万人となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]