logo

CCC AIRが4K、HDR対応の「AirStick 4K」を発売--業界最高水準の AndroidTV端末

加納恵 (編集部)2018年01月18日 11時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TSUTAYAのグループ会社であるCCC AIRは1月18日、4K、HDR対応のスティック型Android端末「AirStick 4K」を発表した。同日から販売しており、税別価格は9800円。


「AirStick 4K」。2016年に発売された「AirStick」とデザインは同様のようだ

テレビのHDMI端子に接続する

 AirStick 4Kは4K、HDRの高画質再生に対応した最新モデルで、テレビのHDMI端子に接続しLANケーブルまたはWi-Fiでインターネットにつなぐことで、動画や音楽のストリーミングサービスが視聴できる。

 Amlogic製のS912Jチップ(64bit オクタコア 1.5GHz)を搭載し、なめらかな動作を実現。「TSUTAYA movie powered by U-NEXT」のほか、NETFLIX、Abema TV、GYAO!、DAZN、hulu、YouTube、Spotifyなどの動画、音楽コンテンツの視聴が可能だ。

 サイズは高さ30mm×幅70mm×奥行き11mmで、重量約30gのコンパクトボディ。リモコンは音声認識機能を標準装備し、コンテンツの音声検索にも対応する。

 Choromecast機能のほかBluetooth接続にも対応し、対応コーデックはaptX、aptX HD。対応のヘッドセットやスピ ーカとワイヤレス接続して音楽の再生も可能だ。

 本体、リモコン、LANポート付ACアダプタが付属し、アダプタはLANケーブルを挿し、インターネットに有線接続することでWiFi ルータとしても使用が可能。最大8台までの機器を接続できる。

 CCC AIRでは2016年12月に「AirStick」を発売。AirStick 4Kは、Android TV 7.0 Nougatに対応している。


LANポート付ACアダプタ

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集