logo
CES 2018

CESで見たVR/ARの最新事情--新型ヘッドセットやAI搭載スマートグラス - (page 2)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年01月17日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン不要のモバイルVRも登場

 専用機やPCを必要とするVRハードウェアがある一方、モバイルVRはスマートフォンを必要とする。それを変えつつあるのが、モバイルプロセッサを内蔵した自己完結型のヘッドセットだ。GoogleとLenovoが開発したMirage Soloヘッドセットは、間もなく発売予定の「Oculus Go」と共通点がある。どちらも、スマートフォンなしですぐに使える単体製品ということだ。Mirage Soloにはさらに奥の手が用意されている。カメラを利用した、限定的な位置トラッキング機能だ。サポート対象のGoogle Daydreamアプリを使いながら、前かがみになったり、しゃがんだり、何歩か歩いたりできる。こうしたスタンドアロン型のモバイルヘッドセットは、学校などで人気になる可能性がある。公共でのVR映写やVR体験にも適しているし、VR対応のハイエンドスマートフォンを持っていないユーザーにも人気を博すかもしれない。

スマートグラス+音声AI = その答えは?

 「Google Glass」の技術が登場したのは、大昔のことのように感じられる。それでも、スマートグラスの多くは、今も基本的に変わっていない。片目用のディスプレイを眼前に装着するタイプで、カメラが内蔵され、何をするにも制御は楽ではない。「Vuzix Blade」は、Amazon「Alexa」の搭載を発表した世界初のスマートグラスだ。音声制御でメッセージを確認したり、コネクテッドデバイスを操作したりできるほか、高速で情報にアクセスできる。Vuzix BladeでAlexaがうまく動くのかどうか、デモを体験する機会はなかったが、筆者は懐疑的だ。中国のAI企業Rokidも、「Rokid Glass」で同じようなアイデアを試みている。音声アシスタントはARの発展に貢献するのだろうか。目下のところ、まだいずれも試験段階と見られ、明確な答えは出ていない。

figure_3
サイドのタッチパッドで操作するほか、Alexaによる音声制御も利用できる。
提供:Josh Miller

ARで最も有力なのは単純なおもちゃか

 拡張現実と複合現実のヘッドセットは、まだ数百ドルないし数千ドルという高値であったり、存在すらしていない場合もある(Magic Leapもそうだ)。最も有力なのは、Appleの「ARKit」やGoogleの「ARCore」を利用する、スマートフォン接続型のおもちゃなのかもしれない。Mergeの「6DoF Blaster」は、ゲーム用光線銃レーザータグの生まれ変わりのようなもので、「iOS」と「Android」のどちらでも、マルチプレーヤーで遊ぶことができる。筆者がCESの展示会場で試したARデモのなかで、とりわけスムーズな動きだった。

figure_4
スマートフォンを差し込んでプレイする6DoF Blaster。
提供:Sarah Tew/CNET

未来は(まだ)これから

 Oculusの次世代ハードウェアが、間もなく登場する。Magic Leapも、2018年にはハードウェアを世に送り出す計画だ。ほかにも、びっくりするようなものが控えているに違いない。VRとARはまだまだ進化の途上だ。次の大きな一歩が、今すぐにあるわけではない。だが、以前よりその一歩はだいぶ近づいてきたように感じる。

figure_5
Rokid Glassもスマートグラスへ音声AIを組み込もうとしている。
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]