logo

「Nintendo Switch」、64GBのゲームカード投入は2019年以降か

Jon Skillings (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年12月28日 07時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Nintendo Switch」で使える64Gバイトのゲームカードを、2018年に手に入れることはできないようだ。

 任天堂は、技術的な問題を理由にこの大容量カードの供給を2019年に延期するという。The Wall Street Journal(WSJ)が事情に詳しい複数の人物の話として、米国時間12月27日に報じた。WSJによると、任天堂はこれまで、2018年後半に同カードを発売すると述べていたという。


Nintendo Switch
提供:Sarah Tew/CNET

 現時点でSwitch用のゲームカードは、最も容量の大きいもので32Gバイトだ。これが64Gバイトになれば、さらにデータを多用するゲームが可能になる。なお、Switchユーザーは、インターネットを介してゲームをダウンロードすることもできる。

 Switchは、「スーパーマリオ オデッセイ」や「ゼルダの伝説:ブレスオブザワイルド」などの既に提供されているゲームによって好調のようだ。任天堂は3月の発売以来、1000万台のSwitchゲーム機を売り上げている。

 筆者の同僚であるScott Stein記者によると、Switchは2017年の最高ガジェットであり、タブレット、スマートフォン、PCの今後の行方を指し示す「奇妙で斬新なアイデア」だという。同記者は、2018年には多数の企業が同じような賭けに出るだろうと予測している。

 米CNETは任天堂にコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]