logo

「iPhone 8/X」のワイヤレス充電、「iOS 11.2」で7.5Wに対応か

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年11月15日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのワイヤレス充電
新しいiPhone 8、8 Plus、Xはいずれもワイヤレス充電に対応している。
提供:James Martin/CNET

 Appleが配信に向けて準備している「iOS 11.2」によって、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」のワイヤレス充電が高速化するようだ。

 現在、これら3機種のiPhoneは5Wのワイヤレス充電に対応しているが、iOS 11.2へのアップデート後は7.5Wで充電可能になるという。MacRumorsがこの情報を入手してテストしたと伝えている。

 ワイヤレス充電は、iPhoneにとっては新機能だが、「Android」デバイスには数年前から導入されている。iPhoneが採用しているワイヤレス充電規格「Qi」で、この規格自体は最大15Wまで対応している。たとえばサムスンの「Galaxy Note8」は、15Wの高速ワイヤレス充電をサポートしている。

 高速化を享受するために新しい充電器を購入する必要はない。Appleが販売しているmophieおよびBelkinのワイヤレス充電器は、すでに7.5Wの電力で充電できるようになっている。Appleはこれらの充電器の発売時より、製品情報の中で、今後のソフトウェアアップデートで「高速ワイヤレス充電」を可能にすると述べている。

 Appleはまた、複数のApple製品を一度に充電できるよう設計された独自のワイヤレス充電マット「AirPower」を発売する計画だ。AirPowerが高速充電を採用するかどうかは明らかになっていない。

 iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの充電をさらに高速化するには、「USB-C - Lightning」ケーブルと、対応する電源アダプタを利用するといい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集