logo

4K&HDRに対応した「Apple TV 4K」--A10Xコアで大幅性能アップ

山川晶之 (編集部)2017年09月13日 04時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは9月12日(米国時間)、Apple TVの第5世代にあたる新モデル「Apple TV 4K」を発表した。


「Apple TV 4K」

 Apple TVは、テレビに接続するセットトップボックス。今回、4Kに加えてHDR10とドルビービジョンに対応する。高解像度に対応しただけでなく、広ダイナミックレンジでの映像視聴が可能となる。CPUには、10.5インチのiPad Proや、第2世代の12.9インチiPad Proに搭載されているA10X Fusionチップを採用し、快適な4K環境を実現する。


「A10X Fusion」コアを搭載

 そのほか、ライブのテレビ配信を強化し、スポーツ中継に対応するほか、HomeKit、Apple Musicのサポート、ゲームアプリで遊ぶこともできる。また、iTunesの映画配信では、HDと同じ価格で4K配信するという。

 価格は、通常のApple TV(32Gバイトモデルのみ、64ビットアーキテクチャ搭載A8チップ)が1万5800円(税別)。Apple TV 4Kの32Gバイトモデルは1万9800円(税別)、64Gバイトモデルは2万1800円(税別)。いずれも予約は日本時間9月15日午後4時01分より開始し、9月22日から販売をスタートする。

-PR-企画特集