富士通、携帯端末事業の売却報道に「当社が発表したものではない」--可能性は検討

坂本純子 (編集部)2017年08月22日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通が携帯端末事業を売却すると一部メディアが報じた。これに対し同社は8月22日、「当社が発表したものではない」とのコメントを発表(PDF)した。

 富士通は2016年2月に携帯端末事業を分社化し、「富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社」に継承した。同時に、ノートPC・デスクトップPC事業も会社分割し「富士通クライアントコンピューティング株式会社」としてスタートしている。

 PC事業に関して、富士通とレノボは「戦略的提携」を検討していることを発表しており、協議を進めている。

 今回の売却先候補にもレノボをはじめ、ファーウェイ、鴻海(ホンハイ)、投資ファンドなどが挙がっている。これに対し、「携帯端末事業については、他社とのアライアンスを含めさまざまな可能性を検討しているが、決定しているものはない」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加