logo

LINEと博報堂DYデジタル、LINE上での広告効果測定を精緻化させるプロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは8月17日、博報堂DYデジタルと「LINE」上での広告効果測定を精緻化するための共同プロジェクトを開始したと発表した。

 同プロジェクトでは、LINEの各種広告サービスにおける独自のエンゲージメント指標を確立し、広告効果の最大化を目的としている。博報堂DYグループが持つ「生活者データ・ドリブンマーケティング」を生かし、ユーザーと企業・ブランドとの結びつきの発生や上昇を表すエンゲージメント指標において、LINE独自の指標を確立・可視化する。

 プロジェクトの第一弾では、「LINE公式アカウント」と「スポンサードスタンプ」を対象に調査を実施。出稿前後におけるユーザーの広告認知度やブランド認知度・利用経験・好意度・利用意向などの態度変容を調査し、その結果をもとにエンゲージメント指標を精緻化する。プロジェクトの調査パートには、LINEが保有する300万人のスマートフォン調査パネルを持つ「LINE Research Platform」を活用する。

 ブランド広告企業にとって最適なマーケティングの戦略立案から、親和性の高いクリエイティブ企画・制作、メディアプランの策定、広告配信の実施、実購買も含めた効果測定・検証までのPDCAサイクルをワンストップで提供すべく検討・運用するという。

-PR-企画特集