logo

そのCMで「人の心はどう動いているか」--VRと生体反応を使った評価システム - (page 2)

坂本純子 (編集部)2017年07月26日 18時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このサービスは、パートナー企業として6社がかかわっている。AOI Pro.がマーケティングニーズについて課題を抽出。全体アーキテクチャ設計およびUI/UXデザインをアルティテュードが実施し、ヘッドマウントディスプレイには着用者の視線を高精度に追跡できる「FOVE 0」を採用した。

 取得した視線ログはアップフロンティアが開発した映像視聴用VRアプリで制御する。生体反応の取得にはグローバルで実績のあるニューロスカイ製の脳波計(EEG)・心電心拍計(ECG)を採用し、体温計・圧力計はブライセンが選定し簡易設計したコントローラケースに格納。タブレット用アプリケーション、クラウド側の管理機能及びレポーティングダッシュボード機能の開発はBlueMemeが担当した。取得した生体データをクラウドに格納・管理する仕組みは、AOI Pro.とアルティテュードが共同開発したものだ。

レポートの一例
レポートの一例
「VR ON AIR TEST」データフロー図
「VR ON AIR TEST」データフロー図

 なお、システムはクラウド(VR Insight Cloud)で集中管理されており、データ取得・解析やデータ集計後のレポート作成等の高速処理が可能。2017年6月~7月に約250名を対象に行ったトライアル実査によってレポート作成までのすべてのフローの実施・検証を行った。仕組みは出来上がったとし、今後はさらにデータを取得しつつ商用化に取り組む。

アンケートを前後に組み合わせることで、より詳細なデータを取得できる
アンケートを前後に組み合わせることで、より詳細なデータを取得できる

 ターゲットについては、「広告主のメリットになるのか、制作会社がクリエイティブや編集を高めるために有効なのか見定める。15秒のCMだけでなく、数分のウェブCM、動画、ショートフィルムなどにも使える。そうなると取引先は変わってくる」(吉澤氏)とコメントしている。

「VR Insight」のサービス構想。今回はこのうちのCM調査を発表した
「VR Insight」のサービス構想。今回はこのうちのCM調査を発表した
手前左から、アルティチュード 代表取締役社長の今岡裕輔氏、アルティチュード 取締役副社長の北野幸雄氏、AOI Pro.代表取締役の中江康人氏、AOI Pro.体験設計部長の吉澤貴幸氏。奥左から、ニューロスカイジャパン 営業部 技術サポート課 部長代理の政吉貞雄氏、BlueMeme 代表取締役の松岡真功氏、FOVE Operations Manager/Human Resources Managaerの平田知明輝氏、アップフロンティア 代表取締役社長の横山隆之氏、ブライセン 取締役副社長の照沼和明氏
手前左から、アルティチュード 代表取締役社長の今岡裕輔氏、アルティチュード 取締役副社長の北野幸雄氏、AOI Pro.代表取締役の中江康人氏、AOI Pro.体験設計部長の吉澤貴幸氏。奥左から、ニューロスカイジャパン 営業部 技術サポート課 部長代理の政吉貞雄氏、BlueMeme 代表取締役の松岡真功氏、FOVE Operations Manager/Human Resources Managaerの平田知明輝氏、アップフロンティア 代表取締役社長の横山隆之氏、ブライセン 取締役副社長の照沼和明氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]