logo

「Windows 10」のソースコードが流出--影響は限定的か

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年06月26日 12時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Windows 10」のソースコードが先週リークした。だが、さまざまな報道から、このリークがもたらす潜在的なダメージは限定的と言えそうだ。

 コードのリークを最初に報じたのは6月23日付のThe Registerの記事だ。約32テラバイト、圧縮で8テラバイト分の「公式で非公開の(Windows 10の)インストールイメージ」がBetaArchive.comにアップロードされている、としていた(BetaArchiveは、「ベータコレクター向けのコミュニティー」「ウェブ最大のベータ及びアバンダンウェアのリポジトリの1つ」を標榜している)。コードは3月頃に流出したようだと報じている。

 「中身を見た人によると」、リークしたコードはMicrosoftの「Shared Source Kit」で、これには土台のWindows 10ハードウェアドライバ、USBとWi-Fiスタック、ストレージドライバ、ARM固有のOneCoreカーネルコードなどが含まれていると、The Registerは伝えている。

 BetaArchiveはThe Registerの報道後、Windows 10のコードをオフラインにした。ただし、データのサイズについては1.2Gバイトだとしている。

 Microsoftは、「当社でレビューしたところ、(リークした)ファイルは実際にShared Source Initiativeの一部のソースコードであり、OEMやパートナーが使っているものだ」とコメントしている。

 Shared Source Initiativeを通じてMicrosoftは一定の「資格を持つ」顧客、政府、パートナーに対し、デバッグやリファレンスを目的にさまざまな製品のソースコードをライセンスしている。

 このリークについて報じたThe Vergeは、「(リークしたファイルの)コレクションのほとんどが、何カ月も前――場合によっては数年前から入手可能な状態だった」としている。

 さまざまなウェブサイトが指摘しているように、Windows 10のソースコード流出は、英国で2人の男が逮捕された直後のことだ。2人は顧客データを入手する目的でMicrosoftのシステムのハッキングを試みていたとされている。これまでのところ、2人がWindows 10のソースコードリークに関与しているとする報道はない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

 

-PR-企画特集