[ブックレビュー]金銭だけではわからない--「あなたの人生は『選ばなかったこと』で決まる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本経済新聞出版社
詳細:文庫 / 256ページ / 日本経済新聞出版社 / 著者:竹内 健蔵 / 発売日:2017/03/02 / 外形寸法 (H×W×D):15.2cm×11.0cm×1.2cm / 重量:0.2kg
内容:目に見える金銭の移動がなかったとしても発生する費用「機会費用」。耳慣れない言葉かもしれないが、これを読み解くと、自然と自分の行動に対する理解が深まってくるという。経済学の側面から世の中の疑問を読み解く。

 AとBの選択肢があり、Aを選んだら、Bのことは忘れるのが普通だろう。ところがここで、「Bを選ばなかったこと」で得られるものの価値の実体、「Bを選んだ場合に得られたはずの価値」などを考えるとしたら、Bのことを忘れられなくなるかもしれない。

 本書は、「機会費用」という経済学の考え方を用いて、目に見える金銭の移動がなかったとしても発生する費用について、さまざまな身近な事例を用いて、分かりやすく解説してくれている。たとえば、長時間行列に並んでまでiPhoneを買う行為、海外からわざわざ東京ディズニーランドに来る行為などを取りあげている。なぜ、並んでまでiPhoneを選ぶのか、なぜ、近所の公園ではなくディズニーランドを選ぶのか、そういった行動を起こさせるものの価値と、目に見えにくい費用対効果に目を向けさせる。

 普通は、機会費用について常に考えている必要はないだろうが、本書を読むことで、行動に伴う結果によって「損をした」「得をした」などと思う理由について、客観的に見る機会になるであろうし、今後の自分の行動を変えるきっかけになるかもしれない。本書を「読む」という選択をした場合と、「読まない」という選択をした場合を考えてみると、どうなるだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加