KDDI、2017年夏モデル--新たなIoTサービス「au HOME」と7つの対応デバイス

坂本純子 (編集部)2017年05月31日 18時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは5月30日、2017年夏モデルとなる新製品を発表した。スマートフォン7機種、フィーチャーフォン2機種の全9機種となる。

「スマホは行き渡った」--新たにIoTサービス「au HOME」

2017年夏モデルは、スマートフォン7機種、フィーチャーフォン2機種の全9機種
2017年夏モデルは、スマートフォン7機種、フィーチャーフォン2機種の全9機種

 2017年のテーマとして“やってみよう”を掲げるau。KDDI代表取締役社長の田中孝司氏は、「なにをやってみようというのか、と思われるかもしれない。スマホも行き渡って、ドキドキするものが少しなくなってきているという思いをずっと持っていた。当然ながら新しいスマホも紹介するが、新たな取り組みも紹介したい。大きな柱の一つは、auのライフデザイン事業。さらに力を入れて、一人一人の生活体験を豊かにしていきたい。家での生活体験を高め、auのお客様の毎日をもっと便利に楽しくする」とし、IoTサービス「au HOME」を発表した。

auひかりホームゲートウェイをIoTゲートウェイ化し、IoTデバイスとスマホをつなげる
auひかりホームゲートウェイをIoTゲートウェイ化し、IoTデバイスとスマホをつなげる
au HOMEが目指したのは、だれでも手軽に始められるホームIoT
au HOMEが目指したのは、だれでも手軽に始められるホームIoT
価格を安価にし、体験価値も向上させたという
価格を安価にし、体験価値も向上させたという

 au HOMEは、スマートフォンに加え、センサやネットワークカメラなどの「au HOMEデバイス」を活用し、外出先でも家族や自宅の状況把握、家電の遠隔操作などが行えるサービスだ。まずは「auひかり」の契約者のみに対応し、7月下旬以降からスタートする。今後はauひかり以外の利用者にも対応していく方針という。

7つの対応デバイス
7つの対応デバイス

 まずは専用の「au HOMEアプリ」から、外出先でも自宅の鍵・窓の開閉状況や、家族・ペットの状況などを確認できるようにする。

 au HOMEデバイスは、第一弾として「鍵開閉状況センサー 01」(8800円)、ドアや引き出しなどの開閉状態を確認できる「開閉センサー 01」(3000円)、窓、ドア、引き出しの開閉状態を確認できる「マルチセンサー 01」(3800円)、人やペットが動くと反応する「マルチセンサー 02」(5300円)、「ネットワークカメラ 01」(1万800円)を予定している。

ネットワークカメラ 01を使ったデモ。子どもが帰宅したときにカメラに向かって手を振ると、親のスマホにリアルタイムに連絡がいくしくみ
ネットワークカメラ 01を使ったデモ。子どもが帰宅したときにカメラに向かって手を振ると、親のスマホにリアルタイムに連絡がいくしくみ

 さらに秋以降をめどに、アプリを使って、赤外線を対応家電製品に送信して制御できる「赤外線リモコン」やプラグでの消費電力を測定できる「スマートプラグ」も予定している。

 今後は音声技術などにも対応し、スマートフォンに「ただいま」と話しかけると、家の明かりがついてエアコンがつき、自動的にカーテンが閉まる──。そんな日も遠くない将来に実現しそうだ。

 料金は月額490円(税別)+au HOMEデバイスの料金で、ネットワークカメラやマルチセンサなどのデバイスとセットにした月額980円(税別)のプランも用意している。

 一通りの説明を終えた田中氏は、「テッキーな人から始めてもらい、『使えるよね』というユースケースをネットにあげてもらえれば、この世界は広がっていくのではないか。なんとなく難しいと思う方もいるだろう。設置のためのサポートも用意している。ただ、auがこういう世界を目指していて、新しい世界がやってくるとなんとなく感じてもらえればうれしい」とコメントした。

まずは、この5つのセンサからスタートする
まずは、この5つのセンサからスタートする
発売を予定している端末
発売を予定している端末
  • このエントリーをはてなブックマークに追加