logo

アップル、個人間決済サービスを準備か--PayPal傘下「Venmo」対抗

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年04月28日 08時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは最近、PayPal傘下の「Venmo」のような送金サービスの導入に向けて複数の決済企業と話し合いを持ったという。Recodeが米国時間4月27日に報じた

 この新しい個人間決済サービスは、「iPhone」ユーザー同士のデジタル送金が可能になるもので、2017年中に発表される可能性があるという。Venmoや「Square Cash」は、Appleの端末と「Android」端末の両方のユーザーが送金に利用できる。記事によると、AppleはVisaのデビットネットワークに対応する独自のプリペイドカードについても検討しているという。

 この新しいサービスは2年前から憶測されており、「Apple Pay」の強化を促す可能性がある。Apple Payは2014年に発表され、モバイル決済の活性化に寄与したが、これまでのところ、ほとんどの人が「Samsung Pay」や「Android Pay」などを含むこうしたサービスを利用しておらず、現金やプラスチックカードが使用されている。

 この個人間決済サービスによって、Apple Payの利用者は増える可能性があるが、ミレニアル世代に人気のVenmo、Square Cash、あるいは複数の銀行が2017年半ばに新しく提供するサービス「Zelle」といった類似のサービスを提供する多数の企業との競争がAppleを待ち受けている。

Apple 決済
提供:Jason Cipriani/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集