logo

ソニー“光る”重低音ワイヤレススピーカ「EXTRA BASS」がデビュー

加納恵 (編集部)2017年04月20日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月19日、Bluetooth接続によるワイヤレススピーカの新製品に、重低音再生ができるイヤホンブランドとして採用している「EXTRA BASS」を冠したワイヤレススピーカ「SRS-XB40/XB30/XB20/XB10」(想定税別価格:2万4000円前後/1万9000円前後/1万3000円前後/9000円前後)を発表した。いずれも5月13日に発売する。

「SRS-XB40/XB30/XB20/XB10」。ライティング機能を搭載する
「SRS-XB40/XB30/XB20」。ライティング機能を搭載する

 ソニーでは、ワイヤレススピーカとして「h.ear go(ヒアゴー)」ブランドを発売。ハイレゾ再生ができるなど、30~40代を中心に人気を集めている。新シリーズとなるEXTRA BASSは、低音再生を打ち出したほか、アースカラーを採用するなど、10~20代の若年層をターゲットにしており、市場の拡大を狙う。

 XB40/30/20は、2つのスピーカユニットと前後に2枚配置したパッシブラジエータを搭載。スピーカユニットはXB40が61mm、30が48mm、20が42mmで、上位機種になるに従い、スピーカユニットと本体容積が大きくなり、重低音のパワーが増す仕様だ。

  • 「SRS-XB40」

  • 「SRS-XB30」

  • 「SRS-XB20」

 3機種ともにライティング機能を備え、最大12種類のライティング効果の演出が可能。オン、オフは選択できる。本体は最大10台までの同時接続に対応し、ライティング機能の連動にも対応する。

 最上位機となるXB40は、スピーカライト、ストロボフラッシュ、ラインライトの3つが光る仕組み。新たに専用アプリ「Fiestable(フィエスタブル)」を用意し、DJエフェクトやラインライトのカスタマイズができる。

 3機種ともに、「SongPal」から名称変更した専用アプリ「Music Center」を使って、音楽再生や停止、イコライジングなどの操作が可能だ。

 SRS-XB10は、46mmのフルレンジスピーカユニットとパッシブラジエータを搭載したコンパクトモデル。縦置きに加え、付属のストラップを使った横置きにも対応し、2台組み合わせての使用も可能だ。

 全機種ともにIPX5相当の防水性能を備え、アウトドアや水回りでの使用も安心。XB40/XB30はスマートフォンへの充電にも対応する。

  • 「SRS-XB10」

  • つるして使用もできるストラップ付き

  • 横置きにするときはストラップがスタンド代わりになる

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集