logo

「iPhone」用複合現実ヘッドセット「Occipital Bridge」、399ドルで発売へ

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年12月12日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)を体験したことのある人はいるかもしれないが、Microsoftの「HoloLens」のような仮想のものと実際の現実を融合させた「拡張現実」もしくは「複合現実」のヘッドセットとなると、なじみがある人はまだそれほどいないだろう。だが、もっと手頃な価格のスマートフォン周辺機器が提供され始めれば、そういった状況が変わるかもしれない。Occipitalの「Bridge」はこの3つを体験できる「iPhone」用ヘッドセットで、2017年3月に399ドルで販売される予定だ。一足早く米国時間12月16日に出荷される「Explorer Edition」は499ドルとなっている。

 BridgeはiPhone用VRヘッドセットで、プラスチックで作った「Google Cardboard」のようであり、実際そのとおりだ。しかし、Googleの先進スマホカメラ技術「Tango」と同じように3Dスキャンやマップの作成を可能にする、Occipitalの深度センサツール「Structure Sensor」に接続する。Structureは1年以上前から販売されており、単体で379ドルだ。

 Bridgeは頭に装着することを想定しているが、Structure SensorはBridge本体から取り外してiPhoneやiPadに取り付けられる。

 Bridgeを使うと、スマートフォンにインストールしたVRアプリケーションがカメラを使ってポジショントラッキングをしてくれるので、スマートフォンのVR機能ではまだ不可能な室内の歩行が可能になる。しかし、Structureは現実の空間をスキャンしてVRの中に取り込み、これまでとはまったく異なる複合現実も見せてくれる。


提供:Photo by Scott Stein/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集